軍艦島について

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


はじめました、本日よりブログを始めます。
このブログでは、長崎県にある軍艦島に関することや
それに付随する様々なことを、書いて行こうと思っています。

ご存知の方も多いかと思いますが、長崎県に端島(ハシマ)という島があります。

別名、軍艦島。今ではこちらの名前の方が有名かもしれません。

では、なぜそのような名前が付けられたのでしょうか。
それは、その見た目にあります。
少し離れて島を見たときに軍艦のよう見えるからだという事ですが、
戦争中、アメリカの潜水艦が端島を見て軍艦だと思い、魚雷を発射したという
逸話もあるほど軍艦そっくりです。

今では無人島となっていて、住んでいる人はいないそうです。
外観から見ても分かるように、コンクリートの大きな建物が多く建ってますが、
近年では、老朽化の影響で木造の建物はほとんどが崩壊し
コンクリートの建物も、壁が崩れるなど危険なものも多いそうです。

少し話は逸れますが、この軍艦島、まさに廃墟というイメージにピッタリなんですが
もちろん、ここで多くの方が亡くなられたり、自殺された方も多いと聞きます。
心霊スポット的な場所としては、それほど有名でないようですが、
幽霊がでそうな雰囲気はあります。
心霊スポットととして、知られているのか調べてみましたが情報は見つけられませんでした。
ただ、色々サイトを見ていて(たとえばこんなページ...)、間違いなく、いるに違いないと勝手に確信しています。

私がこの島に興味をもったのは、今から10年ほど前です。
その後、調べれば調べるほど興味が湧いてきて、今に至ってもその興味は尽きません。
本当に、色々な出来事をくぐり抜けてきた島なんだと思います。

今後は、軍艦島の歴史や、それにまつわるエピソード、
あと私の軍艦島体験記なども書いていければと思います。